×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

引っ越し時の業者さんとの関わり方

家族が多く、荷物も大変な量になるのですから、引っ越し作業のほとんどは、業者の手を借りています。

 

そして、毎回の事ながら、心付けをいつ渡すべきか、困ることが多いです。お仕事代は全く別にきちんと支払いますが、長時間の大仕事をこなしてくれましたから、プロの作業員の方達に、感謝の気持ちを抑えられなくなるのです。

 

 

 

いつも飲み物をペットボトルで一本ずつと、加えて現金で千円程度を包むようにしているわけですが、心付けの相場というのは一体どれくらいだろうと、考えこんでしまうことがあります。引っ越しの荷創りで大変なものといえば、食器は数も多く、とても面倒です。

 

食器は割れ物が多く、包み方や詰め方を一歩誤ると運搬の途中で壊れてしまうこともあり得ます。ここのところ、薄いガラスで作られたグラスも増えています。
そのようなグラスは、まず内側に新聞紙を詰めて補強し、その後、外から包んで、特別な箱に詰めるなど、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすればどきどきしながら荷物を開けることはなくなるでしょう。安全で快適に暮らせる環境とは、家や部屋の中だけではありません。近所との人間関係も、良好な住環境を造る要素だと思ってください。

 

住環境をよりよくするため、引っ越してきたら挨拶をその日中に終わらせましょう。ちょっとした手土産を携えて伺うのが良いでしょう。

 

挨拶に時間をかける必要はないですが、とにかく好印象を与えるよう努めましょう。

 

始めの印象は、後々までの人間関係を決めるでしょう。

 

関連ページ

引っ越しの相場。安い日、曜日があるの?
引っ越しのカテゴリーです
ガスでわかった。引っ越しはひとりだと爆死
ガスでわかった。引っ越しはひとりだと爆死